食べ過ぎた時やあとにリセットのための断食や食事

食べ過ぎた時やあとにリセットのための断食や食事

たべすぎ

 

ダイエット中についつい食べ過ぎてしまう事ってありますよね?
そんな時にどうやって、体重を戻していくかという事が問題になってきます。
食べ過ぎたときのリセット方法は断食をすれば良いのか?あるいは、食事方法を変えていくのか?それともカロリー消費の為にひたすら運動をして消化していくのか?などなど様々な疑問が浮かんできます。
このサイトでは、そんな食べ過ぎてしまった後のリセット方法について説明していきます。

 

さらに、必要に応じたダイエットの基礎知識も説明していきます。

 

食べ過ぎた時やあとにリセットのための断食や食事

 

ダイエット中などについ食べ過ぎてしまって後悔した事ってありますよね?
食べた後にまたやってしまった・・・などと思っても取り返しが使い状態。
このサイトではそういった食べ過ぎた後の対処方法やリセット方法をどの様に行っていくか?を説明していきます。

 

そもそもなぜ食べ過ぎてしまうのか?

食べ過ぎについてはいくつか理由がありますが、ポイントを上げると満腹感を得られないからという事です。
人の体は満腹感が得られなければ、どれだけ食べてもまだ入るというような状態が続きます。
一つの実験的なお話しですが、食事を立って食べる場合と、椅子に座って食べる場合とでは、立って食べる方が満腹感を覚えます。
これは、胃を始めとした内臓の位置に関係し、座っているときのほうが胃のふくらみを感じない為、満腹感がすくなくなるという事です。
そのほかにも、満腹感を得るにはレプチンという物質が分泌されるのですが、この物質を感じる事ができなければ満腹感が得られずにどんどん食べてしまう事になります。

 

こうした条件が揃う事で本人は知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまうという事に至るのです。
では、食べ過ぎたらどうすれば良いのか?という事になりますが、食べた物は確実に体に吸収されていきます。
この吸収を止める事は難しいので、吸収を抑えるという事を考えます。
まずは、糖質の吸収を抑えるサプリや、血糖値のk上昇を緩やかにするサプリを食後に飲むという事。
そうする事で、糖質の吸収を抑えて、脂肪増加をなるべく抑えてくれるようになります。ダイエット中の方には有効な手段となりますね。
また、食べ過ぎによる胸焼けなどを起こす方はすりおろしたりんごを口にすると良いでしょう。すりおろしたリンゴは消化によいので、胸焼けを早い段階で解消していってくれます。

 

食べ過ぎてしまった直後などはこういった方法でまずは初期対応をしていきましょう。

次の方法ですが、説明した内容の後は水分を良く摂る。
これは体の排泄機能とのかかわりから水分を取る事がすすめられています。
わたしたちの体は体内の水分量が常に一定に保たれています。
その為、新たな水分を体の外から摂取していかないと、体内にある水分がなかな外に出ようとしません。
つまり、排泄との関係を言いますと、水分を取らないと排泄されない為、食べ過ぎたものが何時までたっても外にでずに体の中にとどまった状態が続くという事になります。
そうなると、代謝が落ちて便秘や脂肪の増加の原因ともなってしまいます。
ですから、食べ過ぎた後は体内の循環を良くする為水分を多く摂って行くことをこころがけましょう。

 

次に運動をしましょう。

これは排泄もありますが、何よりも摂ったエネルギーを消費するという事です。
食べたら動くという事をしなければ肥満になってしまうので、運動が必要になります。
特に食べ過ぎてしまった場合は、普段よりも多くカロリーを消費させる必要があるので、有酸素運動を中心に行うようにしていきましょう。
有酸素運動といえば、ジョギングですね。
ジョギングの場合は、長くても10Kmくらいまでにしておきましょう。
これは怪我をしない様にと言う事と、あまり運動をしすぎると疲労がたまって、また空腹感が訪れて食べ過ぎてしまう事になるからです。

 

体が疲労を感じると、甘いものがほしくなります。
これは、体のエネルギーは糖質から摂取する事が一番早いネルギーの補充になるからです。その為、運動をしすぎると体が疲れて甘いものが欲しくなり、食べてしまえば運動をした意味がなくなってしまいますね。

 

その為、運動もほどほどで切り上げる事が大切になります。
本来は普段から運動をしていれば、基礎代謝も高いので、たまの食べ過ぎでも特別な対応をせず自然に消化されていきますが、普段あまり運動をしないという事でしたらある程度の対処方法が必要になってきます。

 

食べ過ぎた場合にリセットをするという事は、増えた脂肪を減らすという事でもあります。
その為、食べ過ぎてからしばらくして体重が増えたら、そこから減らしていくのもリセットの意味に入ってきますね。
そうすると、食べ過ぎてしまったときに継続して運動を始めるのも一つの方法です。
運動といっても激しいトレーニングではなく、普段エレベーターを使っているところを階段にしたり、いつもよりも一駅多く歩いてみたり、あるいは姿勢をただして歩くだけでもいつもより筋肉を使うので、エネルギーの消費量は上がりますね。
更に考えれば、椅子に座る時は背もたれを使わないなどのルールを作るのも脂肪燃焼に効果的ですし、オフィスでの仕事であれば、仕事をしながらダイエットができるという事にもなります。

 

この様に工夫をしてリセットをしてみると、案外手b過ぎる前よりも良いプロポーションができる可能性が出てきますね。
食べ過ぎてしまったからと焦らずに、まずは何がどう増えて、何をどう減らすのか?を考えて実行していくとリセットも早まりますし、今後も健康的に過ごす事ができる様になります。

 

いあかがでしょうか?食べ過ぎたときのリセット方法ですが、自分合う方法を探していざというときに活用してみてくださいね。

 

また、サプリを使う場合は、こちらの「ダイエット中に食事を食べ過ぎたらおすすめサプリ」を参照してみると良いでしょう。