食べ過ぎた次の日の朝ごはんはこうしよう

食べ過ぎた次の日の朝ごはんについては、もしいが持たれているようなら極端な話朝ごはんを抜いてしまってもいいかもしれません。食べ過ぎてしまった次の日と言うのは内臓が消化に集中しているため大変疲れている状態になっている可能性があります。また消化に負担がかかってしまっているので排泄がなかなかされないと言うことも考えられます。そうした場合はお水をたくさん飲むのが良いでしょう。

 

考えていきたい事は、消化をしっかりさせると言うことと、排泄をしっかりさせるということが大事になります。お昼ごろまでにその状況が改善されない場合は、お腹が減っていない状態にも近いので、まだまだお昼ご飯も食べなくてもいいかもしれません。そうすることによって体内のリセットが行われていくので食べ過ぎた次の日はそういった対応していくようにしっかりしましょう。