ストレスで食べ過ぎてしまう理由とは?

世の中にはダイエットをしていてもしていなくても食べ過ぎてしまうということがあります。これは1つの理由としてはストレスがあります。ストレスによる食べ過ぎと言うのは例えばやけ食いなどが当てはまりますがなぜストレスで太ってしまうのか?ということを説明していきます。

 

これはストレスによる食欲に関する問題になるのですが、軽いストレスの場合は白山食事をしてしまう傾向にあり、思いストレスになると食事が喉を通らないということが多くの人々にあります。これは心理面でよく発表されている事でもあるのですが、軽いストレスつまり支部職場で失敗をしてしまった、あるいは上司に怒られた、あるいは中の良い友人達と喧嘩をしてしまったと言う事は軽いストレスにあたりその後たくさんのものを食べてしまうという傾向にあるようです。特に女性などは甘いものをたくさん食べてしまうということが顕著に表れていますね。

 

思いストレスというのは大切な人に裏切られたり大切な人がなくなってしまったということに現れます。こうした場合食事が喉を通らず何日かも過ごしてしまうためやつれてしまう人が多いようです。またこうしたストレスがあまり重なってしまうと、うつ病等に発展してしまうので気をつけたほうが良いでしょう。こうしたストレスによる食べ過ぎというのは確かにあるようです。こういったものを対処していくためにはやはり適度な運動やアロマなど行っていくと改称されやすいのので頑張っていきましょう。